れきちずとは

誰にでもわかりやすく馴染みのある「現代の地図デザイン」で、歴史地図を閲覧できるサービスです。古代から現在、そして未来まで一気通貫に閲覧できるWeb地図を目標としています。
2024年5月1日、作者の所属する株式会社MIERUNEに運営を移管しました。

現在公開しているマップについて

江戸時代後期(1800〜1840年ごろ、文化・文政・天保年間)を想定した地図になります。現状、村名が江戸近郊にしかない、地点(POI)が少ないなど不完全な箇所もあります。順次追加していく予定です。
地形の3D表示については現在の地形を表示しています。そのため、当時とは異なる地域があります。

移管の経緯

2023年8月に作者・加藤の個人プロジェクトとしてスタートした『れきちず』は、多くの反響を頂き様々なメディアに取り上げていただきましたが、同時に様々な要望も寄せられています。歴史地名に関するオープンデータの公開によってさらに多くの情報が反映できる状況に変化したことや、比較機能・ベクタタイル化のようなより高度な地図表現について加藤個人の力だけでの更新運営の限界を感じるようになりました。
これらの課題を受けて、作者が所属する株式会社MIERUNEの協力のもと『れきちず』の運用体制を強化することとなりました。MIERUNEの位置情報に関する技術力を活用することで高品質な地図サービスの提供を可能にし、サーバーなどのインフラ環境も強化することで安定した利用環境を実現します。
詳細はプレスリリースをご覧ください。社員の個人プロジェクト『れきちず』を事業承継へ

今後のロードマップ

現在、再検討中です。

地域別の進捗状況

いずれの時代も全国を整備するのが最終目標ですが、まずは江戸時代後期から進めていく予定です。

謝辞

移管前の旧「れきちず」にて、下記の方々よりご寄付をいただきました。心よりお礼申し上げます。

お問い合わせ

ご意見・ご感想・誤り等がございましたら、お問い合わせフォームよりお知らせください。

運営について

運営:株式会社MIERUNE・加藤 創@chizutodesign

江戸マップ「れきちず」データセット

ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センターと共同で「江戸切絵図」の町家領域を抽出しました。データはれきちずに掲載しています(日本橋や内藤新宿付近で薄茶色に塗られた箇所)。
現在は「築地八町堀日本橋南絵図」「駿河台小川町絵図」「内藤新宿千駄ヶ谷絵図」の3図のみですが、今後拡大予定です。
データセットはGIS形式としてもダウンロード可能です。詳細はこちらのページをご覧ください。

更新情報

2023/08/27 サイト開設
2023/08/30 地図の一部を修正
2023/10/05 地図の村を追加
2024/03/03 今後のロードマップ、メディア掲載履歴を追加修正
2024/05/01 株式会社MIERUNEへ移管、地図をベクター化、江戸切絵図町家追加
2024/06/01 追加データ(『日本歴史地名大系』地名項目データセット、『江戸マップデータセット』)を搭載

メディア掲載履歴

2023/08/28 ITmedia NEWS 普通の地図なのに江戸時代? 「れきちず」β版公開 地図システム会社のデザイナーが個人で開発
2023/08/30 攻城団 お城ニュース 【8/27】江戸時代のGoogleマップ「れきちず」公開
2023/08/31 ABEMA「ABEMA NEWS」にて放送
2023/09/01 テレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」にて放送
2023/11/01 統計と情報の専⾨誌「エストレーラ」11月号 GIS最新トピック ―GIS Now!―〈90〉「れきちず」
2023/12/01 地図中心2023年12月号 《地図づくり最前線 016》 現代の地図デザインで昔の日本を再現した「れきちず」
2023/12/11 朝日新聞デジタル 江戸時代のグーグルマップ!? 原宿村に横浜村……「れきちず」公開
2023/12/16 朝日新聞夕刊紙面に掲載 ネットの地図で、ぶらり江戸時代 趣味で作成、参考文献は120点超
2023/12/20 INTERNET Watchに掲載 地図や路線図でいろいろデザインするのって面白い! 現代の地図デザインで江戸時代の日本を表した「れきちず」が話題
2024/02/15  デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’23/第29回 AMDアワードの<江並直美賞(新人賞)>を受賞
2024/05/22 INTERNET Watchに掲載 歴史好きにはたまらない! 江戸時代なのに現代風デザインの地図サイト「れきちず」が3D表示に対応

発表履歴

2023/09/04 第5回 「地理空間と言語処理」勉強会にて発表
2023/09/09 地理院地図ファンクラブ 2023年9月定例会にて発表
2023/11/02 #さくらのマイクロコミュニティ (Webサービス開発者の会) #10にて発表
2023/11/29 FOSS4G-Asia 2023 Seoulにて発表

タイルデータの利用について

れきちずのタイルデータ・スタイルはCC BY-NC-ND 4.0の下、自由に利用することが出来ます。すなわち、公開するタイルデータ・スタイルをそのまま用いる限り、タイルを利用した地図の作成が可能です。
タイルのURLはhttps://mierune.github.io/rekichizu-data/tiles/v1/{z}/{x}/{y}.pbfです。
スタイルのURLはhttps://mierune.github.io/rekichizu-style/styles/street/style.jsonです。
なお、「れきちず」内で動かせるエリアの外(関東以外の地方)については準備中のため、現時点では未実装となっています。

追加データについて

『日本歴史地名大系』地名項目データセットについては明治初期まで、『江戸マップデータセット』については1850年代の情報が含まれています。そのため、「れきちず」の想定する年代とは多少のずれが存在します。

参考文献一覧